澤木内科・糖尿病クリニックの院長の澤木です。

2017年11月28日発売の週刊朝日さんに院長の澤木のコメントが掲載されることになりました。

11月22日朝に週刊朝日さんの記者の方からクリニックにお電話を頂戴しました。

ある40歳代のタレントの方が、糖尿病を患っている可能性があるとのこと で、わざわざ、東京から、糖尿病の専門医のコメントが欲しいと取材の依頼がありました。

40歳代の男性の糖尿病患者さんの約50%の方は、治療を中断されていると報告されています。(厚生労働省 平成28年国民健康・栄養調査)

一番仕事が忙しく、ご活躍されている患者さんがご自分の病気の将来のことをかえりみずに日々を過ごされているのでしょうか。

無症状でも合併症が進みうる糖尿病の怖さが少しでも世の中の方に伝わるように、役立てばとの思いから、取材をお受けしました。

11月22日午前診察が終了後に、早速電話で取材がありました。