澤木内科・糖尿病クリニック院長の澤木秀明です。

先進的な糖尿病機器をもちいた糖尿病チーム医療を行う上での当院の工夫や療養指導の実際などをWEBにて講演させていただきました。

糖尿病、特に1型糖尿病の治療においては、薬物療法のみならず、インスリンポンプ療法(CSII)、持続血糖モニター(CGM)、間歇的持続血糖モニター(isCGM)などの糖尿病機器の進歩は目覚ましいものがあります。

当院のような小さなクリニックでなぜ取り組めているのかという質問の答えは、素晴らしいスタッフと優秀な先生方によるチーム医療ができているためではないかと考えています。

ご視聴いただいた先生方やスタッフの皆様ありがとうございました。聴講いただいた皆様を通して、多くの患者さんに役立つことを願っております。