澤木内科・糖尿病クリニック院長の澤木です。
当院は下記のように新型コロナウイルス感染症対策について、患者さんに安心いただけるよう、努力しております。

※状況により、当院の対策方法を変更する場合があります

 

当院の感染対策

1)予約優先制で、患者さんの在院されている方の人数の分散を心がけています。土曜日であっても、複数の医師が診察する日は比較的スムーズです。
予約はこちらから

2)受付前の待合室中待合室があり、患者さん同士が隣り合わないようにしています。

3)スタッフはマスクを着用し、清潔、掃除、消毒を徹底しています。
※午前診察の前、午前診察後、午後診察後と1日に3回程度、
ふき掃除とアルコール消毒を中心に実施

4)院長はフェイスシールドと手袋を着用しています。
※フェイスシールドではなく、保護メガネの場合もあります。

5)かぜ・発熱患者さんからの空間・時間隔離
かぜ、発熱の方の対面診療は現在、中止中です。(かかりつけの方のかぜは電話等再診で対応しています。)

6)オンライン診療の拡充

通院の途中が心配との声もあり、クリニックにきていただかなくても、診療が開始可能な、オンライン診療も導入しています。

7)自動精算機の活用

スタッフとの金銭のやり取りは原則、ありません。
クレジットカードも自動精算機でVISA、Mastercardが使用できます。

8)患者さん用の消毒液も常備しています。

9)中待合室の共有の雑誌類は一旦、撤去しています。


10)受付前に設置していたウオーターサーバーは一旦撤去しています。
必要時、スタッフに声がけください。


11)待合室、診察室1,診察室2には、空気清浄機を配置しています。



12)来院時の体温測定、マスク着用のご協力をお願いしています。
発熱されている場合は、クリニック内への入室をお断りしています。

また、マスクがない場合は、タオルで口を覆うなどの対策をお願いします。

13)受付、会計カウンター前に、ビニールのコロナシールドカーテンを設置しています。
飛沫感染のリスク軽減を目指し、ビニールのコロナシールドカーテンを設置しました。