適正エネルギーの計算方法について

 

皆さんご自身の1日に必要な適正エネルギーはご存知ですか?

今回は 「1日に必要な適正エネルギー」の計算方法をご紹介しますね!

 

食事療法やダイエットを始めるにも、ご自身の適正エネルギーを知ることはとても重要です

 

過度な食事制限や自己流の偏った食事をしてしまうと、エネルギー不足で疲れやすくなったり

必要な栄養素が不足し低栄養に繋がったりします

 

自分の適正エネルギーを知ることで、今食べている食事が多いか少ないか等

見えてくるかもしれませんね!

 

適正エネルギーを知った上で、いつも食べていたお菓子を減らしてみたり

少し多めに運動したりしてダイエットをすると、健康的に体重も落としていけそうです( ◠‿◠ )

 

~適正エネルギーの計算方法~

適正エネルギーは、

目標体重(kg)×エネルギー係数 で求められます

 

目標体重?エネルギー係数? …1つずつ説明していきますね!

 

また、目標とする体重やエネルギーは、年齢や病態、活動量によって異なるので個別化が必要です

ここで説明するのはあくまで設定の目安であるので、絶対この体重!このエネルギー量!となるわけではありません

ご参考程度に読んで頂けると幸いです( ◠‿◠ )

 

①目標体重について

目標体重は、身長とBMIで算出されます

[身長(m)]2× BMI という式を用います

目標体重の目安は以下の通りです

 

※75歳以上の方の場合は現体重に基づいて様々な評価を踏まえた上で適宜判断します

 

BMIってなに?

ボディマスインデックスの略であり、体格指数を表し、肥満ややせの判定に用います

18.5未満を「やせ」 18.5以上25未満を「普通体重」 25以上を「肥満」と定義します

計算方法は…[体重(kg)]÷[身長(m)で求められます

 

例:体重60kg 身長165㎝の人の場合

60(kg)÷[1.65(m)]=22  →BMIは22!

 

②エネルギー係数について

エネルギー係数は、身体活動レベルによって係数が変わります

このエネルギー係数は、高齢者の筋肉低下を予防する場合は身体活動レベルより大きい係数を

肥満で減量が必要な場合は身体活動レベルより小さい係数を設定します

こちらも個別化が必要になり、適宜設定を変更することがあります☝

 

ご自身に合わせた①目標体重②エネルギー係数をかけることで

適正エネルギーを出すことができるのです!

 

ぜひ皆さんも1度計算してみて下さい( ◠‿◠ )

現在何らかの疾患を持っている方は必ず主治医や管理栄養士の指示に従ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました