血糖値を下げたい糖尿病の方でも、麺類を美味しく食べる方法 ~冬編~  

朝晩は寒くなってきました。寒くなると、うどんやラーメンなどのあったかい麺類が美味しいですね。しかし、麺類は血糖値やHbA1cの上昇が気になる方もいらっしゃると思います。
今回は血糖値の上昇が心配な麺類を安心して食べる方法についてお話します。

麺類を食べる時の3つの問題点
1.早食いになってしまう
2.栄養バランスが偏りがち
3.塩分が多い

早食いになってしまう

つるつる食べやすい麺類はよく噛まずに食べられるため、早食いになりがちです。
食べ過ぎる原因にもつながりますので、出来るだけ意識して噛むようにしましょう。

栄養バランスが偏りがち

具がほとんどない麺料理(かけうどんなど)は、量が少なく満足感が得られにくいため、麺の量が多くなったり、ごはんを食べてしまうなど糖質をとりすぎてしまいます。また、腹もちしないためすぐにお腹がすいて、おやつを食べすぎてしまうことにもつながります。そのため、麺料理を食べる時も、食事療法の基本である栄養バランスのよい食事(主食+主菜+副菜)をこころがけ、たんぱく質や野菜も一緒に食べるようにしましょう。そうすることで、食後血糖値の上昇予防にもなります。

麺料理1品だけで済ませたい場合は、肉や卵などのたんぱく質と、ほうれん草、白菜、きのこ、ワカメなど食物繊維の多い食材を入れて、具だくさんにするといいですよ。
外食の際は、おかめうどんや鍋焼きうどん、五目ラーメン、ちゃんぽんのようなものがおすすめです。トッピングをするのもいいですね。

塩分が多い

麺類は汁に塩分が多いため、どうしても塩分が多くなります。気づきにくいですが、麺自体に塩分が含まれるものもあります。

減塩が必要な人の塩分目標量は1日6g未満ですが、醤油ラーメン1杯には塩分が6g程度含まれており、醤油ラーメンを食べると1日の塩分をとることになります。しかし、汁を残して麺と具だけ食べると、塩分は半分くらいまで減らすことができますので、麺と具だけ食べて出来るだけ汁は残すようにしましょう。また、麺類を食べる日は、他の食事で塩分を控えましょう。

塩分が多い麺類を食べる時は、塩分を体外に排泄する作用のある栄養素「カリウム」が多い食材を一緒にとるといいですよ。

カリウムの多い食材:野菜、海藻、果物、芋類など
※果物や芋類は糖質が多いため、摂りすぎには注意してください。

あったかい麺類を食べて、こころも体も温まりましょう!

Googleレビュー

Excellent
Based on 28 reviews
グッさん
グッさん
2023-06-30
対応も非常に良く数値も良くなっています。
内藤珠英
内藤珠英
2023-04-08
糖尿病の母を連れて診て頂きました。 大きな病院とは違い、時間を割いて親切に話を聞いて下さり、母も安心したようです。ありがとうございました。
辻悦子
辻悦子
2023-02-15
丁寧な問診が診察の前にあり、とても安心して、受診できました。
ゆーちん
ゆーちん
2023-01-12
皆さん親切で気さくなので緊張せずに診察を受けられた
kaorin 0056
kaorin 0056
2022-12-22
健康診断で糖尿病と診断されて近所に糖尿病クリニックは無いかと検索したらココがヒットしました。駅前のビル内にある新しくて綺麗なクリニックで、先生はじめ他のスタッフの皆さんも優しくて良い方ばかりで、近くにこんな良いクリニックがあったのは本当にラッキーでした。 毎月きちんと来院して、しっかり治そうと思います。
Mass production type
Mass production type
2022-11-22
①ネット予約、web 問診(便利) ②先生及びスタッフの対応(丁寧、親切、優しい口調) ③クレジット決済(全医院で取り組んで欲しい) とても良い医院です。
上仲智理子
上仲智理子
2022-09-27
毎月自分の数値の変化ドキドキしながら通院、よく頑張ったね!と褒めて下さるので数値の良くないときにも有りますが一緒に原因追求してもらい心強いです。受付、検査の方、事務の方とても親切で心癒されます。次も数値安定、改善目指して楽しく通院します。宜しくお願い致します
Lily
Lily
2021-10-23
インフルエンザの予防接種を受けましたが、40代くらいの看護師さんの注射が上手で、今までで1番痛くなく感動しました。 いくつかの医院で予防接種を断られたので(かかりつけの患者さんを優先)、とても助かりました。有り難うございます。 院内の雰囲気も良く、良い医院に出会えたと感じています。
山下和也
山下和也
2021-09-22
自分は1型糖尿病を患っており、筋力トレーニングなどをしています。 タンパク質多めの変則的な食生活に対して、管理栄養士の方は親身に相談に乗ってくれます。 相談もしやすい雰囲気の方がとても多いので、病気と向き合うのが楽しくなりました。
このブログは澤木内科・糖尿病クリニック(大阪府高槻市)の管理栄養士が運営しています。
食べ方の工夫
澤木内科・糖尿病クリニック 管理栄養士をフォローする
糖尿病を予防・治療する食事