1日3食食べて「血糖値スパイク」から血管を守りましょう!

朝食を食べない、摂取エネルギーを減らすために1食減らしているなど、

1日2食や1食になっていることはありませんか?

 

このように食事を抜くことを『欠食』と言います

 

欠食は血管に負担をかけ傷つけやすくさせてしまう可能性が…(´・ω・`)

 

欠食のような、食事時間が空きすぎる食生活では

空腹時の血糖値と食後の血糖値の差が大きくなり、血管が傷つき易くなってしまいます

下の図のように、食事を食べてなかった時間が長ければ長いほど、次にとった食事の後の血糖は反動で上がりやすくなる傾向があり、

このような食後の急な血糖上昇を「血糖値スパイク」と言います

欠食ではこの「血糖スパイク」が起きやすくなるので、血管が傷みやすくなるのです

このような血糖スパイクを防ぐためには1日3食、規則正しく食事を食べることが重要になります!

 

規則正しくとは?

1.朝・昼・夕の3食食べる

2.食事と食事の時間を空けすぎない

3.毎食の食事量を均一にする

 

 

 

 

いきなり1日3食しっかり食べることは難しい!という方は、

まずはコップ1杯の牛乳からでもぜひトライしてみてくださいね

 

また欠食をしてしまうと、お腹が空いてしまうので次の食事量が増えてしまうことも…

お腹が空いているからといって一気に食べると、食後高血糖になる場合もあるので要注意です

 

3食しっかり食事をすることで、食後高血糖を防いで血管を守っていきましょう!