夜遅い食事になってしまう場合の工夫

仕事などで忙しい方はどうしても食事時間が遅くなってしまうことも多いはず。

今回は、夜遅いお食事とその時の工夫をお話していきます!

 

そもそもなぜ食事時間が遅いと良くないのか?

▶昼食から時間が空いてしまうので、ドカ食いに繋がる

▶夜は、食事の消化吸収の時に使うエネルギー(DIT:食事誘導性熱生産)が低く

朝昼に同じものを食べた時と比べても消費できる量が少ないので、太りやすい

▶体脂肪増加の司令塔であるBMAL1(ビーマルワン)が急増するのが22~26時であり、

22時以降に食べる食事では脂肪が蓄積されやすい

▶翌日の朝に食欲が湧かず、朝食欠食する可能性も

 

このように夜遅い食事は上記の原因で、

血糖値の急上昇に繋がったり、内臓脂肪が蓄積され

インスリンが効きにくくなるので

血糖のコントロールも難しくなります…

 

 

とは言っても、食事時間を早めるのが難しい!と思う方は

明日からでも実践しやすい工夫をお伝えします♩

 

仕事場で夕方におにぎりなどの軽食を食べ、帰宅後におかずを食べるようにすることで

帰宅後に一気に食べることを抑制しましょう!

夕方に食べる軽食は、おにぎりやサンドイッチなどがおすすめです

菓子パンやスナック菓子は脂質が多いので、エネルギーオーバーになるので要注意!

 

それも難しい場合は、

食事内容を低エネルギー、低脂質にする

例)・野菜サラダや野菜スープで野菜はしっかり摂る

・油をなるべく使わず、蒸す、茹でるを活用する

・高たんぱく質、低脂質の大豆や白身魚、サラダチキン

食事量自体を少なくする

ゆっくり噛んで消化を良くし、満腹感を得られるようにして食べすぎを防ぐ

などをぜひ心がけてみてください♩

 

このように少しの工夫をすることで、夜遅い食事がもたらす悪循環を防ぎましょう!

食事時間が遅くなってしまう方でも食べ方や食事内容、量を工夫することで

血糖コントロールや体重管理を上手に行えます

ぜひ試してみてくださいね(*^-^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)